IKKOさんのご縁をありがとう

IKKOさんの“心分け“を読んでいると、『相手に心を尽くす礼儀を表すもの』の6つの中の一つに、感謝の心の形として手紙を送るというのがありました。

自分の気持ちを伝えるには、ほんのひと言でも、直筆の手紙を添えることがおススメだそうです。

ひなみ先生も常々言っていることではありますが、
やっぱり気持ちを込めて手書きで書いてくれたお手紙にはたくさんの思いを感じますよね。

IKKOさん曰く、字と人生は比例していると思われがちだから、歳を重ねたら、それなりの字を書けるようにしておくべきだとのこと。

ご縁をありがとう

『魂なしの手紙なんてありえない!!』by IKKO

お礼はなるべく直筆で☆