羽生結弦選手に学ぶオリジナルノート

オリンピックのフィギュアスケートで2連覇を果たした羽生結弦選手。

彼は、毎日の練習で気づいたこと、考えたこと、コーチに言われたことを「発明ノート」と名づけ、 折々の気持ちや決意など書いていたそうです。



美文字専用ノート

ひなみ美文字教室の通信講座で使用している「美文字専用ノート」もまさにそれ!

まず添削された清書用紙を貼り、練習中に気がついたこと、添削されたことの反省や改善点などを書き、各々の学びを深めてほしいのです。

いろいろな分野で一流といわれる人たちの多くがノートをつけているそうですが、
「書くことは考えること」と言われるとおり、自分の頭を使って深く考えることで新しい発見やコツに気づいたりすることができます。
また書くことで長く記憶に残り、心に刻まれモチベーションの維持にもなるのです。

羽生結弦選手に学ぶオリジナルノート。

ぜひ自分専用美文字ノートを活用し、美文字への道を深めていきましょう!