楷書と行書 使い分けのコツ

新宿教室に通ってくださっているYさんは、楷書の基本点画が終わり、今はその基本をベースに行書に入っているところなのですが、文字を用途によって使い分けることで、いろいろな場面で書く楽しみが加わることをお伝えしました。

皆さまにもその使い分けのコツをざっくりとですがお伝えしますね。

【楷書】字形を崩すことのない標準的な書体

楷書

私たちが子どもの頃から学校で学んできた馴染みのある書体。
一画一画が直線的で、読みやすく分かりやすいです。


【行書】点画を変化させ流動的に速く書くことができる書体

行書

速さや筆づかい、書きやすさを重視。
スピーディー且つ読みやすく書くために、点画の形を変化させたり省略したりしているため、曲線的な形で、流れるようにスラスラと書きます。


実践的に使い分けると良いと思われるシーンは、

楷書は、ビジネスシーン・履歴書・領収書・お詫び状などの場面で書くと礼儀正しい印象を与え、誠意を示したいときに使うと効果的です。

行書は、挨拶状・手紙・メモ・メッセージなどの場面で書くと自然体で親しい印象を与えます。

このように、様々なシーンで使い分けて書けると素敵ですし、書いている自分も楽しいですよね。

今回はちょっとした豆知識?!をお伝えしました。