紙に字を書くことは三次元?!

先日、一筆書かなければならないことがあった生徒さんより連絡がありました。

いろいろ表現方法に悩まれていたみたいですが、
そもそも紙の上に字を書くということは、二次元的な表現です。

かすれ一部

さらに、線の太い細いの強弱、墨のにじみやかすれなどの潤喝をつけることにより、字に立体感が生まれ、三次元的な表現になります。

表現力が無限になってしまうのです。

実用的な場面で使うか、あらたまった場面や芸術を表現するのか、一筆といえど、そこは考えなければならないところです。

難しくって当たり前。

新宿教室でどんどん練習してきましょう!Mさん(^^)/