筆ペンの書き方のコツ

ペンに慣れてきた受講生の方には、最近 筆ペンもおすすめしています。
筆ペンは力の加減によっては、ペン(ボールペン、サインペン)よりも線の太さの書き分けもできるのですよ。

芳名帳

冠婚葬祭などフォーマルな場所では、必ずといっていいほど毛筆で書く機会も多いです。
ペン同様に練習しておくと、いざという時に必ず役立ちます!

書き分け方としては、穂先を使って力を入れずに書くと細い線になり、逆に力を入れて書くと太い線も書けます。さまざまな線のバリエーションが可能となります。

生徒さん曰く、ペンで安定した線が引けるようになり、基本点画をマスターしたからか、たまには筆ペン練習も楽しいとのこと。

筆ペンの書き方のコツは、『止め』『はね』『払い』をしっかり意識して書くことです。

ペン、筆ペンで文字をさらに豊かに書くためのコツを学びませんか?
新宿教室出張指導にてレッスン可能です♪