払う先には必ず意味がある

通信講座ペン字コースにて、現在ひらがな後半をがんばっているTさん。

今回の課題『ら行』の添削部分の掲載オッケイとのことで、
少しご紹介させていただきます。

ひらがな ら行

ら行の一画目は払いますが、その先には二画目の始筆部分につながります。
いわゆる“筆脈”の大切な部分です。

“払う”先には必ず意味があるということです。

Tさんは毎回レッスンの他に伝達事項欄に自分の近況報告をしてくれているのですが、
今月から新しい職場で頑張っていくとのこと。

なかなか練習時間が取れない中、自分と向き合う時間をあえて作るためにも美文字練習を頑張っていらっしゃいます。

通信講座は、なかなか続かないと言われることもありますが、
ひなみ美文字教室の通信講座の継続率は有難いことに相当高いです!
他で挫折された方は是非オススメですよ。
一緒に美しい文字を目指してがんばりましょう!